脇脱毛をする方法いろいろ。初めは自分に合った脱毛方法を選ぶのが一番

脇を永久脱毛するなら医療レーザーかニードル脱毛のみ

現在、日本で永久脱毛と認められている脱毛方法は医療レーザー脱毛かニードル(針)脱毛の2種類です。
デメリットもありますが、一生ムダ毛処理をしたくないならどちらかでの脇脱毛を選ぶ必要があります。

医療機関の医療レーザー脱毛について

脇は身体に生えているムダ毛の中でも濃いほうなのできちんと処理したいところですが、そんな脇のムダ毛を永久脱毛できるのが医療機関の医療レーザー脱毛です。
脱毛サロンでもフラッシュ脱毛が施術されていますが、この施術では永久脱毛はできないです。
それは脱毛サロンは医療機関じゃないので光の出力を高くできないからです。
医療機関の医療レーザー脱毛ならきちんと出力を高くできますので永久脱毛が可能です。
厳密に言うと永久減耗と言う呼び方をしていますが、それは永久脱毛と言うと10年先20年先の証明が難しくなるからです。
永久脱毛でも永久減耗でも殆どムダ毛が再生してこない点では同じなので心配ないです。
医療機関の医療レーザー脱毛ではレーザーをムダ毛に照射し黒い色のメラニンに反応させて毛根を破壊し脱毛処理しています。
このときお肌が日焼けして黒い状態だと肌中にメラニンが増えているので火傷する恐れがあります。
日焼けする前に受けることが大切です。

脱毛サロンのニードル脱毛について

医療機関の医療レーザー脱毛の他にも永久減耗ができるのが脱毛サロンのニードル脱毛です。
フラッシュ脱毛では永久減耗ができませんが、ニードル脱毛では極細のハリを毛穴に差し込みして微弱な電流を流しており、この施術なら永久減耗が期待できるのです。
ニードル脱毛なら日焼けした黒いお肌でも問題なく施術することが可能です。

医療レーザーもニードル脱毛も痛みが強いというデメリットがある!

どちらも脱毛効果が高いだけに痛みが強いと言うデメリットがあります。
医療機関なら麻酔で痛みを軽減させることが可能ですが、脱毛サロンは医療行為ができないので麻酔を使用できないです。
さらにニードル脱毛は毛穴一つ一つ脱毛処理するたびに痛みに耐えないといけないです。
ニードル脱毛の痛みは施術者の技量に大きく左右されますので、なるべく技量の高い施術者が居る脱毛サロンを選びたいところです。

予算によって選ぶ

医療機関の医療レーザー脱毛よりニードル脱毛のほうが料金が安い傾向があります。
予算が少ない人はニードル脱毛、十分な予算がある人は医療機関の医療レーザー脱毛を選ぶと良いでしょう。

最近は湘南美容外科の脇脱毛が期限や回数制限ナシで3000円ちょっとと信じられないくらい安くなっているので、近くにあれば湘南美容外科の脇脱毛キャンペーンはおすすめです。
ちなみに5回セットだと1000円!これでも十分脱毛完了できるのではないでしょうか…かなり推奨できます。

永久脱毛ではないけどエステサロンでの脇脱毛もおすすめ

もっと安くでワキの脱毛がしたい。痛いのは我慢できないならエステサロンでの脱毛がおすすめです。

脇毛の自己処理はデメリットが多い

サロンで脇脱毛を受ける前はご自身でカミソリで剃る、毛抜きで引っ張るなどで自己処理することが必要です。自宅でいつでも自己処理することができますがカミソリで剃っていると刺激が強すぎて肌荒れしたり黒ずんでしまうことがあります。毛抜きで引っ張っていると毛穴がぶつぶつと目立ってしまうこともあります。脇毛をきれいにするために自己処理してもかえって跡が目立ってしまっては問題があります。

エステサロンで脇脱毛をするメリット

自己処理を続けるより何かとメリットが多いので、始めるなら早ければ早い方がいいですね。

エステサロンの脇脱毛で仕上がりがきれいに

そんなときでもサロンの脇脱毛なら脱毛後の仕上がりがきれいになると言うメリットがあります。サロンで良く採用されている脱毛法の光脱毛では光の照射後、1週間から2週間ほどで抜け落ちます。わざわざカミソリで剃ったり毛抜きで引っ張る必要は無いです。肌荒れや黒ずみや毛穴のぶつぶつなどは気にしなくて良いのです。光の照射後はお肌が乾燥しやすくなるのでサロンでは保湿成分が含まれたローションなどを使用してお肌にうるおいを与えています。

エステサロンでワキ脱毛すると自己処理を忘れても安心

きれいに自己処理できたとしても毛周期によってまたすぐに脇毛は生えてきます。そんなときでもサロンの脇脱毛なら光の照射を何度か受けるたびに脇毛が薄くなり、次第にほぼ自己処理不要になるくらいまで脱毛することが可能です。サロンの脇脱毛を受ける前はうっかり自己処理を忘れると衣服によっては大変ですが、サロンの脇脱毛を受けた後ならそんなときでも大丈夫です。

脇の脱毛で嫌な臭いも軽減される

脇特有の臭いは脇汗に雑菌が繁殖することで発生します。脇毛が多いと雑菌が繁殖しやすいですが、サロンの脇脱毛できれいにしておけば雑菌が繁殖しにくくなり、結果脇特有の嫌な臭いを軽減させることまで期待できます。

キャンペーンで料金がお得に

サロンの脇脱毛では料金がかかりますがキャンペーンでかなり安い料金で受けられるサロンが多くなっています。回数や期間も無制限で脱毛し放題のサロンもあり、契約期間が過ぎて追加料金をお支払しないといけないと言った心配も無いです。サロンの施術や接客、サロンの雰囲気など体験コースで確かめることも可能です。
自己処理よりもサロンの方が何かとメリットが多いので、気になる方はまずは無料カウンセリングを受けてみると良いです。

いろんなメリットがある脇の脱毛ですが近頃は安いところも多くなってます。
期間の制限がなく回数も無限にできる脱毛サロンや脱毛クリニックのプランが紹介されています。しかも、めちゃくちゃ安いので変なところで契約してしまう前に確認してみてください。

エステサロンの脇脱毛のデメリット

続いてデメリットについて見てみましょう。

料金と時間がかかる

サロンで脇脱毛の施術を受けると当然ではありますが料金がかかります。光脱毛の場合は毛周期に合わせて何度か来店することが必要なので時間もかかります。回数は毛量や毛の濃さなど個人差によって変わります。料金の高さがネックになり途中であきらめてしまうとまた自己処理しないといけなくなり、今までお支払した料金が無駄になってしまいます。料金はサロンによってまちまちですのでカウンセリング時によく聞いて納得してから始めると良いです。

ヤケドのリスクがある

サロンの光脱毛では黒いメラニンに光を作用させて脱毛しています。このため紫外線でお肌が日焼けして黒くなっていると肌にメラニンが増えているのでヤケドすることがあります。多少の日焼けなら問題ないですがかなり肌黒い日焼けの場合は施術を断られることがあります。サロンに通っている最中は日焼けしないように注意して下さい。まだ脱毛を始める前に日焼けしている場合は薄くなるまで待つことが必要です。

色素沈着のリスクがある

ヤケドまで行かなくても軽い炎症から治る際にメラニンが増えすぎて色素沈着を起こす恐れがあります。肌のターンオーバーが進めば次第に取れていきますが、全て取れるまでに時間がかかることが多いです。

脇汗や摩擦や乾燥が気になる

脇脱毛で脇毛がきれいさっぱり無くなると脇汗が流れやすくなります。脇毛は摩擦から守る働きがあるので無くなると摩擦が起きて人によっては肌に刺激が強くなる恐れもあります。さらに脇毛が無くなると肌が乾燥しやすくなります。脇汗や摩擦が気になる場合は少しずつ減らして反応を見ると良いです。サロンでは仕上がりに保湿しているところが多いので、乾燥が気になる場合は仕上がりに何を使用しているかカウンセリング時に聞いてみて下さい。

エステティシャンによって技術に差がある

サロンはエステティシャンによって技術に差があることがあります。経験豊富なエステティシャンが在籍しているサロンを選びたいところですが、技術は実際に受けてみないと中々分かり難いです。サロンでは体験コースをご用意している場合が多いので一度施術を受けて確かめてみると良いです。

お店に行ってまで脇脱毛したくないなら家庭用脱毛器って方法もあり!

エステサロンのデメリットでも挙げましたが、クリニックやエステサロンでの脇脱毛は毎回店舗に通う必要があって面倒なことも確かです。

10分も掛からないちょっとの時間の為に為に通わなければいけません。ムダ毛をなくすという目的はありますが、通うのが億劫になって途中で辞めた人もいるのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが家庭用脱毛器で脱毛する方法です。これなら毛周期も関係なく自分が好きなときに脱毛出来ますし、脇だけでなく手が届く範囲であれば全身を脱毛できるのも魅力の一つですね。

家庭用脱毛器の種類はどんなものがあるのか?

市販の家庭用脱毛器にはフラッシュ式やレーザー式などいくつかのタイプがあります。フラッシュ式は広範囲を脱毛したい方や痛みが少ないほうが良い方によく選ばれています。レーザー式は脱毛効果が高いほうが良い方に良く選ばれています。

フラッシュ式で人気の家庭用脱毛器はケノン!

フラッシュ式の家庭用脱毛器の中で人気が高いのがケノンです。フラッシュ式はカートリッジに照射回数の寿命がありますが、ケノンは約8万5千発もの照射回数があります。かなり使ってもカートリッジを交換しなくて済みます。
他のフラッシュ式より照射範囲が広めでチャージ時間も最短2秒と短いです。スピーディーに脇のむだ毛を脱毛処理することが可能です。
海外製の家庭用脱毛器は欧米人の肌質に合わせてあるものが多いですが、ケノンは日本人の肌質に合わせてあるのも魅力です。脇のむだ毛の量や濃さ、肌の状態などに合わせて10段階で出力調整することも可能です。肌が敏感な方は低いレベルで、早く脱毛したい方は高いレベルでと使い分けができて便利です。

レーザー式家庭用脱毛器で人気はトリア!

レーザー式の家庭用脱毛器の中で人気が高いのがトリアです。レーザー式はフラッシュ式と違って充電して使用するのでカートリッジの交換は不要です。レーザー式ならではの脱毛効果で個人差がありますが1か月でむだ毛が気にならなくなり、3か月でツルツルスベスベになるまで脱毛できると言われています。
日本の厚生労働省にあたるアメリカ食品医薬品局FDAから認可を受けているので信頼性が高いです。もし肌質に合わなかったと言う場合でも30日間の返金保証が付いているので安心して試せると言うのが大きいです。

熱線式を使った家庭用脱毛器もある

フラッシュ式でもレーザー式でも黒く日焼けした肌は火傷する可能性があります。日焼けしないうちに使用したいところです。もし日焼けして黒くなってしまった場合は熱線式との併用がおすすめです。
熱線式では熱エネルギーでむだ毛をカットしています。熱線式ではノーノーヘアスマートの人気が高いです。手っ取り早くむだ毛をカットできますが脱毛させているわけでは無いので毛周期によりむだ毛は生えてきます。